Windows 10 オペレーティング システムの長所と短所

2015 年 7 月 29 日リリース年を開催されたマイクロソフトから Windows 10 新しいオペレーティング システム。同社は、このシステムよりも 7500 万人による。このような人気は、1 つの簡単な説明をしています。心から、開発者は、ユーザーのすべての願いを考慮し、すべてのデバイスのための単一のプラットフォームを作成しました。デスクトップ、タブレット、スマート フォン等にさらに、リリースされた製品の別の興味深い機能は Windows の行に最新であることです。それは番号を停止し、更新は、特定のプログラムに対してのみインストールされます。だから、それから来たものですか。

主な長所と短所 10 の Windows オペレーティング システムの。

windows 10 プロダクトキー 購入

長所:

• には、公式発売後 1 年間完全に無料ユーザー 7 と 8 のバージョンがインストールされています。
• [スタート] メニューに返されます。「スタート」は非常に人々 を従来のバージョンの Windows のファンは、以前の「8」のバージョン間のメニュー停止紛争を開始します。今より、Windows 7 のメニューに似ていますが、追加のアイコン プログラムをアタッチする可能性があった。つまり、判明実績のあるインターフェイスのハイブリッドのようなものに散在している実験的ソリューションは、windows 10プロダクトキー購入 、非常に便利です。
• 全画面表示アプリケーションは、バージョン 8 ではできず、右のサイズを削減できます。
• デッドロックと前の支配者のブレーキ特性に複数のデスクトップをサポートします。
• 汎用性。新しい Windows は、デスクトップ、ハンドヘルド、ポータブル デバイスの両方に使用できます。Windows 10 をサポートして任意のガジェットにすべて正式なアプリケーションがインストールされているし、そのインタ フェースはその機能に適応。
• Windows 10 をインストールするためのシステム要件は, windows 10 proプロダクトキー販売, バージョン 7 と同じであることを指摘する必要があります。それは古いシステムの限られたメモリや CPU の問題もなく実行されます。公式の仕様は、とても民主的です。
• 更新プログラムがバック グラウンドで自動的にインストールされているし、コンピューターの再起動は不要します。
• 第八版と同様、ハード ディスクにバックアップ コピーがあれば以前の Windows 7 または Vista に戻りますできます。

短所:

• 2 3 回目の試みでのみいくつかのデバイス。幸いなことに、これはラップトップとするべき多くが-パソコン間でこのような問題についてユーザーは記載されていません。
• 地域の設定の問題。多くのユーザーが指摘していることはお住まいの地域の設定を作ってみましたが、何もそれについて行うことができますよりもアメリカ合衆国と windows10 pro プロダクトキー 確認、OS が自動的にインストールされます。
• は、DVD 再生用アプリケーションの通常のメディア センター アプリケーションとそれを欠いています。これはこの種類の近代的な技術の世界のメディアは非推奨という事実のために (しかし CIS 諸国、支援がまだ必要ではない)。
• プライバシーの問題。ライセンス契約マイクロソフトする権利を与える W10 コレクション、個人情報や統計データの場所、ブラウザーの履歴、その他のものにそのような。「マイキー」情報を保証自分自身については宣伝材料の選択のため使用され、同社のソフトウェア製品を改善します。場合にのみこれが?大きな問題。

windows 10 プロダクト キー

結論。

したがって 、Windows オペレーティング システム 10 は非常に成功した製品です。ユーザー、平滑化された第 8 回 Windows の欠陥の願いを考慮に入れて、いくつかの興味深い技術革新があった。コンピューターとオペレーティング システムの設定に精通しているほとんどの人は、Windows 10、windows 10 プロダクトキー 格安,完全に彼女の移動を決定する評価。

その一方で、新しいシステム、特定の欠点がありますが、それらのほとんどがその若さに起因します。マイクロソフトの専門家はユーザーの願いを考慮し、バグ、パフォーマンスの問題やその他の条件を排除することを自社の製品に変更します。機能拡張をして作業しています。だから Windows 10 は、世界で最も人気のある OS になることのすべてのチャンスを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です